カテゴリー
いろいろ お知らせ お知らせ情報 伊豆の自然 自然環境 鳥獣害

野生動物との交通事故「ロードキル」

11月2日の月曜日にお休みをいただき今話題の順天堂大学医学部付属静岡病院へ行きました。思わぬ体調不良から検査のための通院でしたがしばらくは投薬で様子をみるということで一件落着。

その帰り道に天城を越え河津から下田に差し掛かろうかというところで、静岡県のヘルメットをかぶった県職員がイノシシと対峙していた。ルームミラーには河津からずっと後続車はいなかったが再度確認して車を止め「ロープがあればそれを縛ってやるぞ。」と伝えた。道路パトロールの職員らしくパトロールカーにはロープも積んでいるらしくすぐに「お願いします。」との答え。その間に年長の県職員は枯れ枝でイノシシを道路脇へ追いやっていた。

このイノシシは「ロードキル」と言われる道路上での事故、怪我とは少し様子が違っていた。通常イノシシが交通事故に遭うと体毛が擦れてなくなくまたは車の下に入り込むために顔の皮膚に裂傷などが見られるが体毛は無傷である。問題は完全に後ろ足の動かない状態なので明らかな脊椎損傷である。そのために捕まえるのはたやすく首を縛りその後に後ろ足を縛ってから前足を縛れば動きを封じることができる。横にした状態で耳または耳の後ろを押さえれば大きな個体でも動かなくなる。

ではロードキルとは? 「車両にひかれて死ぬ轢死(れきし)、ぶつかって死ぬ衝突死、道路わきの排水溝内へ落ち込み溺れて死ぬ溺死、乾燥して死んでしまう乾涸死(かんこし)などの、道路による影響で野生動物が死亡することをいいます。」とある。地方の道路ではよくある光景だがもし野生動物とぶつかってしまった場合の対処は?野生動物は「モノ」です。そのために物損事故扱いになります。そのようなことから、運転中に動物と衝突事故を起こしたら(事故とはいいがたい、昆虫などとの衝突は別として)。特に大型動物との衝突だと慌ててしまうかもしれないが、とにかく落ち着いて、まず路肩など安全な場所へ停車しよう。そして、事故の発生を警察へ通報する必要がある。
ロードキルも交通事故だ。交通事故の通報は道路交通法第72条に定められているのと、任意保険を使う際には事故証明が必要となるので、事故状況(場所、損傷具合、負傷者、現場の状況、2次被害の有無など)の通報は必要である。

今回は交通事故ではないようだがもし車やバイクなどで野生動物とぶつかったら事故扱いで保険の適用になるのでそのまま立ち去るのはやめましょう。このイノシシはロープで縛りガードレールに縛り付けて河津町役場役場に県職員が連絡。道路上に野生動物の死骸などがよくありますがその処理は各市町が行うことになっています。その業務は土日関係なく行われます。その理由には鳥類なら鳥インフルエンザ、イノシシなら豚熱というウイルス感染症の検体採取を行わなけばならないからです。今回の道路パトロールの県職員も「今日はこんなのが多くて・・・」と発見しては最寄りの役所に連絡の繰り返しだったとか。

カテゴリー
いろいろ お知らせ お知らせ情報 ジビエ 伊豆の自然 自然環境 鳥獣害

野生のイノシシ

最近テレビのニュースでは連日野生のクマの出没が取り上げられる。南伊豆や伊豆半島にはクマの生息はないとされているがシカやイノシシの生息数は多い地域である。最南端 南伊豆町ではイノシシが昔から多い。今年は特に野生動物の出没が多い。特にイノシシとアナグマが多い。もともとは夜行性ではなく「昼行性」であり昼間動いていても不思議ではない。とはいえもともとは臆病な生き物で人や車などを恐れ暗闇の中を行動していた。最近では子供の時から人里に慣れた個体が多くなり人や車を恐れなくなってしまっている。そんな中で今年は秋の訪れが早くなっている。そのためか慌てたように餌を求め日中から人がいても平気で道路脇や畑のそばで餌を漁っている姿を目にする。30年ほど前に比べると気温は高めだが秋は野生動物にしてみると食べ物を腹一杯食べる季節。森の中の餌が豊富になれば人里には出てはこないのだが最近は野生動物も食糧難といったところだろう。

カテゴリー
いろいろ お知らせ お知らせ情報 カルチベ-農耕と園藝 伊豆の自然 新着情報&イベント 連載 鳥獣害

農耕と園藝「カルチベ」猟師と考える鳥獣害【実践編】高橋養蜂の蜜源植物を守れ!②

地元の仲間や東京からの応援部隊など、さまざまな人たちの協力を得て、いよいよミカン畑の柵の設置が始まりました。目標はイノシシ、シカ、サルに対応できる柵を作ることです。鉄兵君は、私と一緒に作業をしたことで、シカの生態行動などを見て、聞いて覚えた対策を、自ら考え、自らの手で行い、改善しました。その結果が動物の侵入を防ぎ、その後の侵入も防いでいます。

猟師と考える鳥獣害【実践編】高橋養蜂の蜜源植物を守れ!②

https://karuchibe.jp/read/11391/

農耕と園藝カルチベONLINE

https://karuchibe.jp

カテゴリー
いろいろ お知らせ お知らせ情報 カルチベ-農耕と園藝 伊豆の自然 新着情報&イベント 自然環境 連載 鳥獣害

農耕と園藝「カルチベ」猟師と考える鳥獣害【実践編】 高橋養蜂を守れ!①

連載をしている農耕と園藝「カルチベ」猟師と考える鳥獣害もいよいよ実践編。今回からは伊豆下田の高橋養蜂の蜜源植物を守ための対策についてです。

農耕と園藝ONLINE カルチベ おこまり鳥獣害どうする利活用

猟師と考える鳥獣害【実践編】 高橋養蜂を守れ!①

鉄兵君が蜜源として借りた場所は、自宅近くのおばあさんが、ご主人が亡くなった後も一人で守ってきたミカン畑で、おばあさんが耕作していた時からシカによる食害が出始めていました。シカはミカンの葉や樹皮が好物です。畑に侵入させまいと電気柵を設置して管理していたのですが、一度でも侵入を許してしまうと、次から次へと被害が広がります。高齢者一人で鉄壁な管理をするのは難しいのも事実。そのため日に日に被害が拡大し、耕作をあきらめざるを得ませんでした。

 

カテゴリー
いろいろ お知らせ情報 伊豆の自然 自然環境 鳥獣害

鳥獣害対策のアドバイス

かなり久しぶりの投稿となる。まだまだ暑い日が続いている。数年前までは8月のお盆を過ぎると夏も終わりを告げていた。しかし最近はとにかく暑い。季節の挨拶も「残暑」となるのだろう。さて、夏の森の中はイノシシは仔猪に食べ物を取るやり方を沢などで教える季節である。しかし、今年は長い梅雨で水量も増え沢での餌取り練習もままならず里で餌探しをするためあちらこちらで猪に困っているとの声を聞く。

そんな中、田んぼに入られて困っている、どうしたらいいだろうと下田市の方から相談を受けた。電話では現場の状況がよくわからないので現場に行ってきた。この地区は柑橘栽培と稲作が盛んなところである。まず目に止まったのは各戸が独自の方法で防護策を施していること。ただし、どの田んぼもいつ被害が出てもおかしくない状態ということである。上の写真のように側溝を跨ぐ形では側溝の中を移動してきて水田に侵入を許してしまうことになる。この場合は畔の上をまっすぐに電気柵を施すべきだろう。その理由はハザかけの道具はわざわざ囲う必要はないだろう。

次に目に着いた水口である。ここは先ほどの側溝に流れ出る排水用の水口であるが畔よりは低くなっているのが普通です。そのためにイノシシの鼻が触れない高さではいくら電気柵といえども毛に触れる程度では電気が流れないのです。つまり電気柵といえども効果がなくなってしまうといえます。この場合は低いところにも電気柵の杭を立て電気柵線と地面との間を最低10cm、イノシシだけなら15cmになるように施工するのが効果があります。

相談を受けた水田は電気柵ではなくワイヤーメッシュというコンクリート打設の時につかう骨材です。地面に杭を打ちそこに施設するものです。侵入するには下部に穴をほりそこから侵入するのが通常ですがワイヤーメッシュの下部に穴は見当たりませんでした。ぐるっと一周水田を囲んであります。ここでの侵入経路は水路の側溝でした。見た目にはイノシシが側溝の中を通れないようにしてありましたが手でゆするとグラグラと簡単に動いたのです。耕作者も一緒に見回りをしていたのでその場で杭の追加と補強を指導して一件落着。この圃場の外側には耕作放棄された果樹園地(梅畑)があります。このような場所から水田に出てくるので耕作放棄地をしっかり管理をしてもらう必要性もあります。地域で地域を守ることで被害も減ります。

モバイルバージョンを終了