お礼の手紙

先日、南伊豆町内にある南伊豆東小学校6年生の そう学習の授業その名も「自分向上計画」 その授業の1限を講師としてお話をさせていただきました 社会人として森守の事業について話をしました 特に野生獣肉をなぜ使うのか 命の大切さや 自然資源の大切さ いろんなことに気づける考える力をつけてもらえるよう話ました 今回の自分向上計画では 自分を含め4名の講師が日を変え登壇 皆それぞれ今の自分の仕事や過去の仕事 […]

Nature Meat BBQ @森守 Summer

『Nature Meat BBQ @森守 Summer』を開催します 今回は期間が8月6日から9月30日までと長いので要予約での開催です! ご予約はお電話で! 0558(62)5602   メニューは土、日曜日のみ「おまかせセット」2000円でお願いします。 もちろん静岡限定生ビール「静岡麦酒」今回もございます。 タープ、テーブル、BBQコンロ、炭のレンタル料500円(入場料込み)を別途 […]

高円寺『座の市』へ

先週7月16日は高円寺『座の市』へ 6月に一度空け5月から2度目の出店 お客様から先月はいなかったね などお声をいただきながらの今回の出店 しかも今回は11時から18時までと終了を1時間延長 都内は暑いかと思いきや風があり 普段から外事務所にいるのでさほどではなかったが 火を使うのでそれはそれで暑い お隣は沼津の山信水産さん 毎回出店のベテランさんです 朝さつま揚げや釜揚げしらすなどを作り持って来 […]

下田青年会議所例会卓話@森守

7月14日木曜日に(一社)下田青年会議所7月例会が 森守で開催されました いつもは下田商工会議所などで開かれるこの例会も 今回は初の試みで例会卓話の後のBBQまで屋外 セッティングまで担当委員長を中心に 会員で行ってくれました 会員も集まりいつもの例会なのでしょうか? 順番通りの会は進みました 途中日本青年会議所さんや磐田青年会議所さんの いろいろPRに 最後に例会卓話で『価値観の転換による地方創 […]

静岡県知事来社

2016年7月15日金曜日 移動知事室の一環で森守へ静岡県知事を始め以下の方々が来社 静岡県知事 川勝平太様 静岡県知事戦略監 白井満様 静岡県政策企画部長 森 貴志様 他関係部署担当者 知事がお越しになりご挨拶を 知事よりメディアや新聞などで拝見していてやっとお目にかかれました と声をかけていただきました こちらこそありがとうございますから始まりました 森守の事業概要『森を守り、命を護る』そため […]

11

イベント出店(まとめて)

6月最後の日曜日26日に「NanZ マルシェ」へ 出店者数も20店に少しかけるくらい 来場者数は多く今回は子供向けイベントなど を取り入れ場を盛り上げた 森守もいつもの場所で「野生のソーセージ」と 串物少々を提供 常連さんの定着しつつあるがもう少し頑張らないとと思う ただ売るだけじゃなく森の現状なども伝えながら 野生動物の命をどう守るかも伝え 自然と人の共生できる環境はどう作るか などももっと話し […]

終了しました

ゴールデンウィークの4月29日から5月9日まで 森守で行われていた『Nature Maet BBQ@森守』は 180名以上の来場者がありました! 多くの皆さんの来場ありがとうございました 地元の人は少なかったですが それはそれとし次回への課題とします 天気にも恵まれ雨は夜間が多く日中は晴れ だが、、 風は強かったです それでも楽しみながらBBQを楽しんでいただきました そんな方の多くは 次回はいつ […]

小さなコミュニティー

2016.4.10 『東北に河津桜を!!復興応援チャリティバザー』にも出店 場所:下賀茂熱帯植物園(賀茂郡南伊豆町) 駐車場を利用したバザーですが20数店のブースがありました また、出店料と募金箱に集まったお金は募金として復興応援費用(桜の苗木購入)に充てられます 初出店のマザーアースクラブさん http://www.motherearthclub.com こちらはアースデイマーケット常連さんなの […]

時間

±土-presents-『土+桃祭 Peach Blossom Perspective〜桃色の展望〜』お花見の宴 に参加してきました 河口湖から御坂峠を越え少し下ると そこは桃の花満開の桃源郷 山梨県笛吹市一宮町にある『宝桃園』 http://www.takaramomoen.com で開催されもう6年目になる 彼らとの出会いは2011年に 吉祥寺にある『カフェスロー』の従業員研修の一環みたいな形 […]

視察も続々と。

2016年2月2日(一社)伊豆下田法人会 青年部さんの 『伊豆はひとつ〜灯台下暗しツアー〜』で株式会社森守視察にお越しになりました 1月27日には小田原市農政課さんの視察もありました 小田原市さんは行政としての今の「獣害」と言われる問題にいかに取り組むか が大きな目的でした これからさらに増える野生動物の対応を今から勉強しておく 事前準備をすることで問題が起きた時に素早い対応ができるからでしょう […]