小さなコミュニティー

2016.4.10 『東北に河津桜を!!復興応援チャリティバザー』にも出店 場所:下賀茂熱帯植物園(賀茂郡南伊豆町) 駐車場を利用したバザーですが20数店のブースがありました また、出店料と募金箱に集まったお金は募金として復興応援費用(桜の苗木購入)に充てられます 初出店のマザーアースクラブさん http://www.motherearthclub.com こちらはアースデイマーケット常連さんなの […]

時間

±土-presents-『土+桃祭 Peach Blossom Perspective〜桃色の展望〜』お花見の宴 に参加してきました 河口湖から御坂峠を越え少し下ると そこは桃の花満開の桃源郷 山梨県笛吹市一宮町にある『宝桃園』 http://www.takaramomoen.com で開催されもう6年目になる 彼らとの出会いは2011年に 吉祥寺にある『カフェスロー』の従業員研修の一環みたいな形 […]

イベント

三月も今日で終わり 今月も様々なイベントがありました まずは『下田サミット』 『下田サミット』 開催日:平成28年3月13日(日) 時 間:午前10時~午後2時 場 所:下田市民文化会館 三つのゾーンにわけいろんなブースが出店 株式会社森守はNanzマルシェ出店しているので Nanzマルシェブースに入らせてもらいました 多くの来場者で賑わう中 ソーセージをいつものように焼きました その様子は夕方の […]

ふるさと学級

2016年2月27日に南伊豆町教育委員会主催の課外授業 『ふるさと学級』でハンバーガー作りを行いました 株式会社森守のシカ肉ミンチを使いハンバーグを作りバンズに挟んだ ジビエバーガー! このふるさと学級は4月の山歩きから児童たちと行い 毎月様々な行事をして最後にまた私の出番でこのジビエクッキングになりました 南伊豆町の食材は沢山あります 山と海が近い当町ならではないでしょうか ジビエバーガーのお肉 […]

地域イノベーターサミット

こんなご大層なイベントでプレゼンしてきました。 『静岡県内には、地域おこし、まちづくり、様々な社会諸課題の解決、産業振興などにおいて特色ある取組を進めている気鋭の企業家、NPO代表者など、いわゆる地域のイノベーターが多数いらっしゃいます。また、こうした皆様の下には、県内外から多くの若者が集まって活躍されています。静岡県で活躍する地域イノベーターの皆様が一堂に会し、その活動を、次代を担う若者やソーシ […]

今月のイベント情報

株式会社森守も今月はいろいろなんだか忙しくなりました まずは今まで2回開催された「Nannzマルシェ」! これは欠かせない もう第3回になりました 回数を重ねるごとにお客さんも増えています。 今回も野生のソーセージ〜森守〜と串を持って行きますよ〜 日時:2月14日 日曜日 午前9時30分〜午後4時まで 場所:Nanz village 下田市 そして、テレビ放送も… 放送後はYouTube配信もあり […]

一週間前ですが…

もう一週間が過ぎましたが 先週1月17日日曜日に『第2回Nanzマルシェ』が 下田にある商業型イベントスペースNanzvillageで行われました 今頃のアップになりました 前回、第1回目に比べるとお客さんも多く いろんな人に浸透しつつあるなと思いました 下田は南伊豆地区の玄関口 こんなマルシェはいい流れができる ここにあるものを資源に ここで出来たものをいろんな人に知ってもらうことが地域の活力に […]

いろいろ活動しています

先週1月15日金曜日に 静岡県主催『野生鳥獣肉利活用推進検討会」が 静岡市内にある静岡県総合研修所「もくせい会館」で行われました 株式会社森守も声がかかり参加してきました この広い会場が満席になるほどの盛況 主な来場者は ジビエに関心のあるレストラン関係者、消費者、市町やJA職 員、猟友会員等 と幅が広いがレストランが多かったように感じた それほど関心が高いようだ イズシカ問屋さんを担当する伊豆市 […]

年が明け…

年が明けてからもいろいろ忙しい日々が続いております そんな中、株式会社森守はこちらのイベントにも出店します! 先月に引き続いてですが… イベントを企画する株式会社「village inc』さんの 伊豆半島南部 南伊豆地域を盛り上げたい思いに応え 私共も一緒にやっていこう!と 今回もという運びになりました みなさまぜひ遊びに来てください!   今回のイベントでは 野生のソーセージ〜森守〜  […]

イベントも終わり

11月22日日曜日に株式会社森守になり初出店! 下田青年会議所主催 伊豆半島食の祭典の中の 「ONE de IZU」へ 新東名駿河湾沼津サービスエリア上り線でのイベント お客さんの反応はイマイチ それもそのはずお客さんはたまたま立ち寄り トイレ休憩か食事のお客さん そこで物品販売はかなり至難の技 それでも弊社社員は頑張りました 人の少ない時間帯と多い時間帯が明らかに別れるのが また面白くもある そ […]