白い彼岸花

白色の彼岸花

彼岸花といえば赤い花がよく見受けられるが時折白い花もある。シロマンジュシャゲとも呼ばれる。この白い彼岸花は赤と黄色の交雑種と言われるが赤色と比べると繁殖力ははるかに弱い。彼岸花といえば秋のお彼岸の頃になると先に茎が伸びて、その先端に一輪の花が咲き、そして花が枯れた後の晩秋から冬にかけて葉が出るのが特徴です。白い彼岸花の開花時期は9月~10月です。花は綺麗だが球根には毒性があり食べると嘔吐や下痢をする。棚田などでは畔に穴をもぐらに開けられないように彼岸花を忌避剤として植えてあるところもある。


この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL