農耕と園藝「カルチベ」猟師と考える鳥獣害【実践編】高橋養蜂の蜜源植物を守れ!②

地元の仲間や東京からの応援部隊など、さまざまな人たちの協力を得て、いよいよミカン畑の柵の設置が始まりました。目標はイノシシ、シカ、サルに対応できる柵を作ることです。鉄兵君は、私と一緒に作業をしたことで、シカの生態行動などを見て、聞いて覚えた対策を、自ら考え、自らの手で行い、改善しました。その結果が動物の侵入を防ぎ、その後の侵入も防いでいます。

猟師と考える鳥獣害【実践編】高橋養蜂の蜜源植物を守れ!②

https://karuchibe.jp/read/11391/

農耕と園藝カルチベONLINE

https://karuchibe.jp