農耕と園藝「カルチベ」猟師と考える鳥獣害【実践編】 高橋養蜂を守れ!①

連載をしている農耕と園藝「カルチベ」猟師と考える鳥獣害もいよいよ実践編。今回からは伊豆下田の高橋養蜂の蜜源植物を守ための対策についてです。

農耕と園藝ONLINE カルチベ おこまり鳥獣害どうする利活用

猟師と考える鳥獣害【実践編】 高橋養蜂を守れ!①

鉄兵君が蜜源として借りた場所は、自宅近くのおばあさんが、ご主人が亡くなった後も一人で守ってきたミカン畑で、おばあさんが耕作していた時からシカによる食害が出始めていました。シカはミカンの葉や樹皮が好物です。畑に侵入させまいと電気柵を設置して管理していたのですが、一度でも侵入を許してしまうと、次から次へと被害が広がります。高齢者一人で鉄壁な管理をするのは難しいのも事実。そのため日に日に被害が拡大し、耕作をあきらめざるを得ませんでした。