イベントも終わり


11月22日日曜日に株式会社森守になり初出店!

下田青年会議所主催 伊豆半島食の祭典の中の

「ONE de IZU」へ

新東名駿河湾沼津サービスエリア上り線でのイベント

お客さんの反応はイマイチ

それもそのはずお客さんはたまたま立ち寄り

トイレ休憩か食事のお客さん

そこで物品販売はかなり至難の技

それでも弊社社員は頑張りました

新東名駿河湾沼津SA上り線
新東名駿河湾沼津SA上り線

人の少ない時間帯と多い時間帯が明らかに別れるのが

また面白くもある

時間によっては人もまばらに
時間によっては人もまばらに

それでも野生のソーセージはしっかり焼き上げ

お買い上げ頂いたお客さんの反応は上々

 

野生のソーセージ
野生のソーセージ

ここでのイベントは弊社初出店とお客さんの層の違いを

社員に教えたかったのと

自分たちが手をかけた獣肉で人が喜ぶ姿を見せたい

と言うのが自分の思いの中にあった

人の多い時間
人の多い時間

多くの人のいる時間は流れができソーセージの香りに

人は集まる

そんな時間は大忙し

俺は高みの見物

 

そして、11月23日月曜日は下田でのイベント

「NanZ マルシェ」

こちらのお客さんは

買う、楽しむ、食べる

を目的のお客様

多くの下田、賀茂郡の人たちが集まった

出店者も多種多様

これが面白い

NanZ village
NanZ village

旧南豆製氷場跡地に建つ「NanZ village』

伊豆急下田駅にも近くみんなのたまり場になりつつある

今回は第1回目のマルシェ

センターのスターシェードの元に
センターのスターシェードの元に

スタッフの皆さんの手作り装飾と企画

楽しい時間が提供された

こちらのお客さんは楽しむが多かったか?

いろんな方にソーセージを召し上がっていただきました

ここでもソーセージは美味しく焼きあがり
ここでもソーセージは美味しく焼きあがり

弊社社員も二日間に及ぶイベント出店でさぞ疲れたであろう

社員たちは今まではお客さんとして買う側だったのが

売る側になった

お客さんの反応や声かけに自然と答えられるようになった

客層のまったく違う二つのイベントを駆け回った

いろんな人に会社やソーセージを知ってもらった

まだまだ反省や改善すべき点はある

どう人に伝えるか?

それはコンセプトのあるソーセージが物語るだろう

これからも伝える側として頑張ります